MISIANews

MISIAが主題歌を担当するNetflixオリジナルドラマ 「Jimmy 〜アホみたいなホンマの話〜」7月20日(金)より全世界190カ国独占配信決定!

明石家さんまさんが芸歴43 年目にして、初めてプロデュースするドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」が、Netflix オリジナル作品として7月20日(金)より全世界190カ国独占配信することが決定!
タイトルロールとなるジミー大西さん役を中尾明慶さんが、明石家さんまさん役を玉山鉄二さんが演じています。
主題歌をMISIAが担当。明石家さんまさんが「芸人にも相通ずる音楽だ」と愛してやまない、甲斐バンドの「最後の夜汽車」をカバーしました。アメリカ・ニューヨーク在住のトランペット奏者・黒田卓也がアレンジを手掛けたドラマスペシャルバージョンの主題歌は必聴。
この「最後の夜汽車」は昨年発表した「SOUL JAZZ SESSION」にも収録されています。

イントロダクション<そのアホを、天才は信じた>
稀代のエンターテイナー明石家さんまが芸歴43 年目で初めて連続ドラマをプロデュース。笑いが世の中を席巻し、日本に最も活気があった時代。子供の頃から何をやっても大失敗ばかりの駆け出し芸人・大西は、人気絶頂の明石家さんまと出会い、芸人としての才能が開花!唯一無二の存在となり、やがて芸人の域を超え、世界的な画家へと転身、一方、さんまも快進撃を続け、国民的スターへと上り詰めて行く。そんな二人と彼らを取り巻く強烈なキャ
ラクターたちとの16 年に渡る交流、そして嘘のようで本当に起こったエピソードの数々。
笑いをまき散らしながらも最後にホロリとさせる、「笑い」に夢をかけた若者たちが繰り広げる奇跡の実話をドラマ化。

https://www.netflix.com/